目の下のたるみ手術を受ける|安全性が高い治療法

若々しい目元に

婦人

垂れた眼窩脂肪

目の下のたるみは、眼球を囲むように存在している眼窩脂肪が、加齢によって垂れてくることが原因のひとつとなっています。垂れてきた脂肪によって目の下が膨らみ、その膨らみに下方向へと引っ張られることで、たるみが生じてしまうわけです。したがってこれは、垂れた眼窩脂肪を抜き取るという手術によって、解消することが可能です。しかし眼窩脂肪が垂れるということは、目の上の眼窩脂肪が下へと移動するということです。そのため、目の上の部分にはくぼみができています。そのくぼみがある状態で目の下から眼窩脂肪を抜き取ると、目元が全体的にくぼんで見えるようになることがあります。そのような場合には、手術で抜き取った眼窩脂肪を、目の上に注入するという治療も合わせて受けることが必要となります。つまり垂れた眼窩脂肪を目の上に戻すわけです。これにより目元はバランス良く膨らみ、若々しく見えるようになります。

リスクの少なさ

眼窩脂肪を抜き取る手術は、目の下の皮膚を裏返し、そこにレーザーで2〜3箇所に穴をあけることでおこなわれます。穴の周辺に圧力を加えると、穴から眼窩脂肪がにじみ出てくるので、それを回収するのです。そして回収した眼窩脂肪を、注射器で目の上に注入します。皮膚の裏側に穴をあけるのですから、手術後に傷跡が目立つことはありません。また穴は、2ミリ程度の小さなものなので、手術後には数日程度で自然にふさがります。さらに抜き取った眼窩脂肪は、老化した細胞などを除去した上で注入されます。そのため目の上には、スムーズに定着します。つまり再び垂れてきて、たるみとなってしまう心配が少ないということです。このように、リスクが少ない上に効果が高いので、この方法での目の下のたるみ取りには、高い人気があります。